建物倒壊シミュレータは、木造建物のみを対象としています。

 ※このページで実行できる建物倒壊シミュレーションは「東海地震・東南海地震等被害予測調査(平成14-15年度)」による被害予測を基にしています。「愛知県 東海地震・東南海地震・南海地震等被害予測調査(平成23-25年度)」の想定結果による建物倒壊シミュレーションを実行したい場合はこちらにアクセスしてください。

 地盤応答シミュレータ、建物倒壊シミュレータ、家具転倒シミュレータで表示される震度や地震波形などは、東海・東南海地震連動時における予測値です。実際の地震とは必ずしも一致しない可能性があります。

今すぐシミュレーション

木造2階建ての建物のみを対象としています。
建物を揺する震度の値を選ぶだけで、すぐにシミュレーションを始めることが出来ます。参考情報として、 おおまかな耐震性をチェックすることができます。

地図からシミュレーション

木造2階建ての建物のみを対象としています。
地図から自宅の位置を選び、その地点での震度を取得してシミュレーションに進みます。 立地条件を考慮した耐震性をチェックすることができます。

詳しくシミュレーション

木造1-3階建ての建物を対象としています。
以下の流れで、様々なシミュレーションを行うことが出来ます。
  • 地図から自宅の地点を選択し、地面の揺れをシミュレート:
    地盤応答シミュレータ
  • 建物を図面で入力し、リアルタイム解析でシミュレート:
    CAD版倒壊シミュレータ
  • 家具の大きさや設置条件を指定して転倒をシミュレート:
    家具転倒シミュレータ